ロビンとロビンフッド
ロビンとロビンフッド
翻訳本
著者:訳者:水口博毅
●仕様
判 型:B6変形 天地183×左右105mm
頁 数:128頁
製 本:ソフトカバー 小口折り製本
ISBN:978-4-89390-118-7
価 格:本体価格700円+消費税

購入方法について

ことこと舎では、本書ご購入のご注文を承っております。

ご希望の方は、ことこと舎までお申し込みください。HP問合せフォーム、メール、電話、FAXいずれからでもお申し込みいただけます。

その際は下記の内容をお知らせください。

【お客様のご連絡先】ご住所、お名前、電話番号・FAX番号、メールアドレス

【ご希望冊数】冊

【お願い】お支払いは同封の請求書にて銀行口座への振込、または郵便振替払込取扱票でお願いいたします。

(本の発送料は弊社が負担いたしますが、振込手数料はお客様にご負担いただきますのでご了承ください)

【お知らせ】ことこと舎の運営会社は「株式会社文伸」です。

請求書およびお振込先は「株式会社文伸」となっておりますので、ご理解をお願いいたします。

 

book04_pic01

 

 

本書のこと

水口様の自費出版は、ジョージ・マンヴィル・フェンの『ロビンとロビン・フッド』(Young Robin Hood)の翻訳本で、おそらく本邦初の翻訳となるものです。

 

book04_pic02

 

そもそも日経新聞の記者である水口様が、この翻訳を手がけたのは、同新聞の体験学という、自身の体験を連載するコーナーを担当されたからでした。

 

 水口様は「翻訳をしてみよう、というのは、ほんの思いつきからだった。ただ実際に挑戦すると、著作権の問題から始まり、翻訳も想像以上に大変な作業だった(そのあたりの体験談は新聞に連載されています)」と言いつつ、「興味をもつ方がいたら、インターネットで著作権切れになっている小説をぜひ翻訳してみてはいかがでしょうか。もしかしたら“宝の山”が見つかるかもしれません」と付け加え、自費出版の翻訳分野の開拓をおススメしていただきました。

 

 本書は、旅の途中、シャーウッドの森に独り取り残された少年ロビンが、森に住むロビン・フッドとその「陽気な仲間たち」に出会い、少しずつ大人になっていく少年の成長物語です。

 

 児童文学に興味のある方、本好きなお子さんやお孫さんへのプレゼントにぴったりな短編小説です。