東京・武蔵野から

ことこと舎の近くを流れる川は、江戸の飲料水を確保するため360余年前に開削された史跡の玉川上水です。その下流には井の頭公園や三鷹の森ジブリ美術館があり、南の方には国立天文台と神代植物園があります。そんな緑豊かな武蔵野エリアの一角にことこと舎の制作拠点があります。

地域文化を大切にしたい

井之頭公園の本格ガイド本

井の頭公園のすべてをガイドする『井の頭公園*まるごとガイドブック』と、井の頭公園開園100周年を記念して開催している『井の頭公園検定』の公式問題解説集を出版しています。

井之頭公園検定へ参加

カウントダウン新聞「いのきちさん」

井の頭公園が開園100周年を迎えることを記念して、井の頭公園の歴史、自然、環境、動物園、人々、イベントなどを伝える、フリーペーパー『いのきちさん』を2011年11月から隔月発行しています。近隣100ヵ所に置いています。

いのきちさん

森と星と絵本の家」出版協力

三鷹市にある国立天文台の敷地内に、「三鷹市星と森と絵本の家」があります。絵本の家では、2012年から若い絵本作家の才能に光をあてようと「絵本原画公募展」を開催していますが、その優秀作品の出版協力を提案し発行しています。

「森と星と絵本の家」出版協力