七草の弧心
七草の弧心
句歌集
照井三余 様
●仕様
判 型:B6変形判 天地178×左右128mm
頁 数:本文120頁
印 刷:オフセット印刷
製 本:特殊製本
ISBN:978-4-89390-123-1
価 格:1,980円(税込)

照井三余の昭和を封じ込め解き放った句集

句集『七草の孤心』は、俳人照井三余氏の第一句集です。照井氏の俳号「三余」は、氏の父親の俳号 照井三余をそのまま継いだものです。
父、照井三余が北海道の寒村で開業医をしていたころは、まだ開拓の大地でした。

北海道を離れてから読んだ、照井三余Jr.の句から
 
黒かった雪 痛かった雪
 
北海道のように寒冷の地では、降ってくる雪は凍っていて、白ではなく黒く見えるのです。肌を出していようものなら、ばらばらと当たって痛い……。

照井三余の昭和を、一冊に封じ込め解き放った作品集です。

 

文:俳人 銀 畑二

 

DSCF5059
 
DSCF5050
 

本づくりのこと

ユニークな製本です。ひとつは、表2は鮮やかな水色を印刷し、白抜きでタイトルを入れました。開くとさらっと「七草の弧心」の文字が目に飛び込む。遊び心を刺激する演出です。
もうひとつは下(地)を折り返し、ポケットのような機能を設けました。
作句をするには、暮らしの中で気になったことをメモするのはもちろん、作品を見て感じたことを書き留める。そうした日々の積み重ねが大事です。「こうしたメモが挟めたら便利だな」と思いついてつくったものです。(デザイン 金田一デザイン)
 
DSCF5068
 
 
(2021/8/20更新)