富士山世界遺産登録へのみちのり
富士山世界遺産登録へのみちのり
明日の保全管理を考える
記録史
著者:田畑貞壽様(監修・編著)、清雲俊元様(監修)、他
「富士山世界遺産登録へのみちのり」編集委員会
●仕様
サイズ:A5判
頁 数:336頁
印 刷:オフセット印刷
製 本:ソフトカバー
発 行:2020年2月23日
ISBN:978-4-89390-165-1
販売価格:1,800円+税
ご購入のご案内

ことこと舎では、本書ご購入のご注文を承っております。ご希望の方は、ことこと舎までお申し込みください。
お問い合わせフォーム、メール、電話、FAX、Amazonいずれからでもお申し込みいただけます。その際は下記の内容をお知らせください。
 
【お客様のご連絡先】ご住所、お名前、電話番号・FAX番号、メールアドレス
【ご希望冊数】冊
【お願い】お支払いは同封の請求書にて銀行口座への振込、または郵便振替払込取扱票でお願いいたします。
(本の発送料は弊社が負担いたしますが、振込手数料はお客様にご負担いただきますのでご了承ください)
【お知らせ】ことこと舎の運営会社は「株式会社文伸」です。
請求書およびお振込先は「株式会社文伸」となっておりますので、ご理解をお願いいたします。
 
 

富士山世界遺産登録への貴重な記録
〜実務担当者の視点から語る〜

2013年、それまでにない特異なプロセスで、ユネスコの世界文化遺産に登録された富士山。その道のりを記録として残そうと、登録作業に携わった国、県、市町村の担当者が集い意見交換し、経緯を把握している人々が執筆を分担、出版しました。行政関係の実務担当者たちの立場から、富士山の世界遺産登録の実践活動が語られている貴重な記録です。富士山の保全管理に関わる人々にとって、立ち返るべき視点を与えてくれる一冊といえるでしょう。
第23回日本自費出版文化賞地域文化部門入選作品です。
 
<ことことメモ>
編集会議を重ね、山梨、静岡両県の執筆者、関係者など多くの皆様とのやり取りを経て完成しました。
 
富士山世界遺産登録へのみちのり
 
富士山世界遺産登録へのみちのり 書影
 
 
(2021/02/03)